四万十川ポータルサイト PC

リバーパーク轟キャンプ場 ……… 四万十町大正

リバーパーク轟キャンプ場の写真 事前読み込み中。

リバーパーク轟キャンプ場 リバーパーク轟キャンプ場 リバーパーク轟キャンプ場 リバーパーク轟キャンプ場 リバーパーク轟キャンプ場 リバーパーク轟キャンプ場 リバーパーク轟キャンプ場

information

我が家の「元」 ホームグラウントリバーパーク轟

最近は国道からキャンプ場を眺めながら走っているだけです。
数年に一度寄り道するぐらいです。
データは変わっている可能性があります。
詳しくは四万十町大正支所 TEL 0880-27-0111 まで確認願います。

<2014.7.27追記>
進入路は大水が出ると冠水してキャンプ場が孤立するような四万十川のふちを通っています。
以前よく来ていた時は対向不能の区間は見通しがよかったので、車が来ていれば待てばよかったのですが、今は木が生い茂り対向車がわからないので行き違いがあれば大変です。
その先は行き違いスペースがあるので大丈夫です。

最近はキャンプが下火なせいかいつもテントを張っていた一番奥のスペースは草茫々です。
そこから四万十川に降りる道も草が生い茂ってどこかわからなくなっています。

・今年(2001)は管理人がおります、
・高知県大正町(四万十川のほとり)
・管理棟 TEL0880−27−1370(7・8月)
  9月は土日のみ   ・火曜日「休み」
・キャンプ使用料金 大人(1人1泊)・・・・500円
  小中学生(1人1泊)・・200円
・バンガロー 2000年から避難場所として使用予定
・貸し出し用品 2000年から貸し出し用品は無し
・温水シャワーあり

・交通案内
  大正〜高知 98Km(2時間30分)
  大正〜宇和島 78Km(1時間45分)
  大正〜中村 74Km(1時間)
  大正〜窪川 23Km(30分)
  大正〜一の又渓谷温泉 6Km(15分)
  大正〜下津井温泉 21Km(40分)

《感想》
◎他のキャンプ場に比べてよい所
@水洗トイレの電気を夜間は消すようにしているために虫がいなくて快適(トイレは毎日掃除に来てます)
A午後10時にはキャンプ場の外灯が消えるので自然と全体が静かになる(昨年は外灯が消えませんが、2001年は消灯)
B小さい子ども連れには、四万十川の水が多いときでもあそべるように、アスレチック等がある

◎注意点
@鉄橋の下は岩盤の上に土を(15cm)盛っているのでテントを張るときはペグがささりにくいので注意
A風が結構吹くためにタープ等のはり綱に注意が必要

ホーム > 「リバーパーク轟キャンプ場」コーナートップ