四万十川ポータルサイト PC

四国カルスト天狗高原  ………  津野町東津野

天狗の森頂上 他の写真 事前読み込み中。

天狗の森を望む 四国カルスト 五段城 天狗の森頂上 鳥形山
天狗高原キャンプ場 天狗高原キャンプ場 大引割・小引割 大引割・小引割

information

国道197号津野町高野(東津野と梼原のちょうど中間)から天狗高原(約22Km)まで全線2車線の大規模林道があります。
天狗高原から地芳峠まで折りたたみ自転車で往復しています。

(2002.7.6 追記) 上記の大規模林道から長沢の滝にむけての林道は、長沢の滝の近くが少し舗装されてない他は舗装されています。
行き違いのできる個所も結構あります。ちょうど4Kmです。

(2003.5.3 追記) 4/6に天狗の森の遊歩道を、ザクザクと霜柱の音を聞きながら歩いていると、道が削れた場所一面に4〜5cmの霜柱があり、透明に輝いてきれいでした。

(2008.4.27 追記) 天狗高原道路情報 (ブログ)
(2008.7.10 追記) 天狗高原道路情報 (ブログ)



◎天狗高原寄り道観光スポット
時間に余裕があれば寄り道しては!
天狗高原から4km歩くか、車で寄り道(ブログ)

 大引割・小引割(おおひきわり・こひきわり)

天狗の森と鳥形山のほぼ中間点海抜1110mに位置し、白木谷層群(古生代二畳紀)に属する赤色及び赤褐色のチャート(珪岩)にできた二本の亀裂である。

大引割は長さ約80m、幅3〜8m、深さ30mの大亀裂。小引割は長さ約100m、幅1.5〜5m、深さ20m。30mの間隔でほぼ平行して東西に走っている。

成因については、第四洪積世(百万年〜二万年前)の隆起を伴う地殻変動により生じたという説もあるが、有史以前の大地震によってできたという説が有力である。

このような巨大な亀裂が、現在も埋没せずに残っているのは学術上貴重であるとして、国の天然記念物に指定されている。

― 大引割の立て札より ―

ホーム > 「四国カルスト天狗高原」コーナートップ