四万十川ポータルサイト PC

四万十川河口をポタリング

今年(2003)の初走りです。今回は河口の渡し舟をつかっての一周です。

車を大文字コミュニティ広場におかしてもらうために、大方の町を出て国道を左に田野浦のほうにはいり、四万十大橋をめざしたつもりが、下田にでていました。
聞いてた道とは違っていました。

(ルート)
大文字コミュニティ広場−(3.5km)−四万十大橋(左岸)−(3.7km)−四万十川左岸堤防先端−(6.2km)−とまろっと−(2.5km)−平野の浜・金浜−(4.7km)−下田−(渡し舟)−初崎−(3.9km)−野鳥公園・大文字コミュニティ広場
(2003/4/28 28km)

〜四万十川河口を一周しています〜

四万十川左岸堤防  四万十川左岸堤防

 大文字コミュニティ広場から
 四万十大橋を渡っています。
 左岸から河口に向けて出発です。

 今回はフロントのクーラーバックが
 使い物になるかの試験も兼ねています。


四万十川左岸堤防先端    アオサとり

左が四万十川左岸堤防の最先端です。砂州の向う側が太平洋です。
台風のたびに砂が流され下田港への航路を再三にわたって埋めるため、
現在新防波堤を作っています。
右はアオサとりのあとです。

シャゴ    シャゴとり

しばらく眺めていたのですが、なにをしているかわからないために声をかけてみました。
孫に食わすためのうなぎをとるためにシャゴをとっているそうです。
はえなわにつけてひと晩置いておくとうなぎがけっこうかかっているそうです。
ここのシャゴは九州にいるのと同じだそうです。
右の写真で掘った時間が一時間から一時間半だそうです。

オートキャンプ場 とまろっと    金浜

オートキャンプ場「とまろっと」の場内を自転車で見学さしてもらいました。
なかはすごく広くてきれいです。今度キャンプにくるつもりです。
平野の浜でサーフィンをしているものとずっと思っていました。
金浜サーフビーチには広い駐車場ができています。
浜の砂は県内有数のきれいさです。
平野の浜に降りる細道や店屋が昔と変わらずに残っています。

下田・初崎の川渡し  下田・初崎の川渡し

 (H17.12.31廃止されました)
 時刻表があるものの渡る人がいれば
 出しているみたいです。
 片道
 大人   100円
 自転車 150円
 バイク  250円です。

下田港  下田港
渡し舟を待ちながら弁当を食べていると、子どもたちが泳いでいるのが見えので行ってみました。
10カウントがいっせいに数えられての飛び込みです。

そのときの飛び込み写真です。
 四万十川河口 下田の子どもたち


下田の渡し舟より    下田の渡し 初崎

渡し舟からの風景です。切れ目の先が太平洋です。
右の写真は、こちらから下田側に渡るときには、旗を立てれば迎えに来てくれたそうです。

野鳥公園"  野鳥公園
下田の渡しに一緒に乗った大坂からのお遍路さんと話しながら野鳥公園まで歩いてきました。
大文字コミュニティ広場に隣接しています。


ホーム「四万十川河口をポタリング」コーナートップ